スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さーでぃすてぃっ さーでぃすてぃっ

お久しぶりです。
佐吉がいなくなるのは寂しかったり、光井さん大丈夫かいって感じだったり、
こんこんたら実業家と…実業家って何?だったり、
キュン期では俄然生田が来てる今日この頃、私は元気です。
吉澤さんが期待外れのヤンキーでも、さしすせそえでも、相変わらず吉ヲタやってます。

AKBとかも追ってるけどね!
今回のCDのMVはシングルのより他のがいいです。
それは割と毎回のことみたいだけど。アイスの実のやつとかキュンですよ。ええ。

どうでもいいのですが、急に皆MVMVって言いだしてるけど
PVじゃだめなのかなという迷いをよく感じております。
百合に於いてカプ表記をゴロよりも受け攻めにこだわることにも戸惑っております。
ていうか百合に於いて受けとか攻めって固定する必要ないと思ってます。
そりゃー801は同じキャラでもABとBAではまるで敵同士というか、
ちゃんと表記しないと地雷みたいですけど。そのこだわりもよくわかりませんけど。
百合はリバっていうか、対等であってほしいというか。

というまあ長くなりそうな話は置いておいて。

ハンアンのDVD見ましたよーやっと見ましたよー。
結局konozamaされる前にセブンに乗り換えました。
捨てられるくらいならこっちから捨ててやる!という気慨です。

で、ライブを見てる分には全然キャプる気持ちなんてなかったのですが、
とっぷしーくれっとのメイキングラストのハングリーさんが素敵過ぎて衝撃で、
これはこれはこれはと重い腰を上げたわけです。


以下画像ばかりです。
しかも糞の画質です。
カーソルを合わせるとコメントが出るよ!






続きを読む

スポンサーサイト
あ、なんだ
yh_4460.jpg
yh_4463.jpg

妖精か。
とかロンハー見ながら思ってました。
だぼっとした衣装でちょっとぼーっとしてる吉澤さんが可愛すぎてもう!

あのままサイズちっちゃくしてうろちょろされたい。
ポケットに入れて一緒に行動したい。
「ちょっとー、せめーんだけどー」とか騒ぎ出して
静かにしろよ!ってポケットに話しかけて、
一緒にいる友達に「○○どうかした?」とか怪しげな視線を向けられて
慌てて「あ、いやいやなんでもない!ハハハ…」とかやりたい。
暇を持て余したよっちぃンカーベルがいたずらして困りたい。

「よっちぃンカーベル」はちょっと響きが卑猥なので
次回までにもうちょっと良いネーミング考えておきます。

さて、今日の芸能人のなんちゃらかんちゃらっていう番組は
あんまり期待しないでいられるので、思いのほかの収穫があると
余計に嬉しくなれるんだろうなとそんな微妙な楽しみ方をしています。
それより感謝祭がもうやです!
ただ科学くん枠で出る?みたいな感じなので、それはちょっと嬉しいです。
科学くんっちぃ不足です。
贅沢は敵ですけど、科学くんではしゃいでる吉澤さんがすきなのです。
デジスタもまさかの絶対領域封印!秋って…秋な吉澤さんも好きだけどさ…!


話は変わりまして、℃のユーストがかなり良くてちょっとDVD欲しくなりました。
岡井ちゃんマジで最高だな。
LaTaTaとかさーもう合いすぎだよ!声に!もう!好き!
矢島のダンスも、相変わらずエロダンスのnkskも、
どんどん色っぽさ増して来る愛理も、
自分の歌い方を掴んできたマイマイさんもたまらん。

℃はまた新しい魅力を育て始めたんでしょうね。
ダンスメドレーのカメラワーク如何では購入を検討する。

その前に「えりりん」を予約していたことをすっかり忘れていて、
手元に金がない事態にはならないように気をつけたいです。
とか言いながらなんか漫画発売ラッシュでお金が飛ぶように出て行ってます!


二週目のピラメキーノを見ながら母がたまたま
吉澤さんがラスト2秒でボールをキャッチしていたところだけ見たのですが、
「賞金でもかかってるの?」と聞いてきました。
何かと思えばすげえ必死に見えたからだそうです。
いえいえ子供達のインターセプターですから!子供達参加型番組ですから!
ゲンナマとかそういう大人の汚いのじゃないですから!

「じゃあそんな歯食いしばってやることないのに…」
と若干呆れ顔。
ま、まずい。必死顔つくって盛り上げてるだけの美人が誤解されてしまう!
スポーツに関しては真面目だけど、この顔は違うんだ!

とっさに私の口から出たのが

「違う!これはこの人のかっこつけだから!」

後から考えて、女性アイドルがかっこつけてるっていうのが
一体何のフォローなんだろうと。



+++


後藤さん誕生日おめでとうございます。
どうやらビーズの稲葉さんも同じ誕生日だとか。初めて知った。
何となく絡みづらさとか、ストイックさとか似てる気もします。

でもよっちぃと愛理ちゃんとかマイマイと舞美とか
似てるかったらそこはとても考えてしまいます。
負け組
ハガネの女を三回くらい見てやっと気持ちが落ち着きました。
子役かわゆいな。あのいじめっ子女子好きだな。
で、やっぱのぞみちゃんはかわいいな。ゆうすけもかわいいし。
れもんちゃんちょっとかんちゃん風味のお顔だな。

話としては、ストーリーは読んでるのであまりハラハラせずに見ていました。
原作である手紙のシーンでのお母さんの笑顔見たかったなぁ。
あれがあるとまたDQNヤンママとはまたちょっと違うイメージ持てそうなんだけどな。


以下、思ってたよりは良かったところ、思っていたようにあまり良くなかったところ。

とりあえず表情はいいなーと。アイドルやってた(る?)とは思えないほど荒んでるw
時間とかなかったろうに、持って生まれた見た目も手伝って結構疲れたヤンママ感出てる!
ちょっとした時の怪訝そうな、こいつよくわからない、
でも出来るならちょっと信じてみたいという複雑な気持ちの顔とか。
悔しさ、それを結局は生まれついてのものと諦める顔とか。

そして子供を見る目や触れる手の優しさ。
あまり子供と触れ合うシーンはなかったですけど、
子供には守る立場として守る対象として見て、触れていたように思います。

あとはショーパブシーンのかっこよさwあれはさすがです。本業です。
泣きの演技に関してはここ最近の涙腺の緩さからそんなに心配してませんでした。


やはり問題はセリフですね。
改めて滑舌がすごく悪いですね。
私ですらちょっと聞き取りにくいところがありました。
語尾や言いにくい言葉を聞き取りやすいようにと意識したり、
語尾に「~のよ」「~わよ」などの違和感を感じるとそこがもたついて平たくなります。

児童相談所に~のくだりの入り方とかは感情が入っていい感じに声が乱れたと思うんですけど
(こっちもここはぐっときた)、「~のよ」の扱い方がわからず語尾がまた一音。
難しいですけど、滑舌と抑揚を練習すればもっと良くなるかもですね。
吉澤さんはじわじわキャラクターを作りこんで入って行くタイプだから、
ゲストやちょい役だとさらに棒読みになってしまったりするわけですが、
今回は思っていたよりも頑張っていると感じたので良かったです。

やっぱり乱暴な言葉遣いの方が言いやすいよね。
あとは敬語とか。
おれあいが自然(だった記憶がある)なのは、やっぱ中身が男役だったからなんでしょうね。


何にせよすごく楽しい時間でした。
吉澤さんは苦手だろうけど、演じてる人を見るのはやっぱり好きです。
吉澤さんには色んな役やってもらいたいというささやかな自分の夢に一つパーツが出来ました。
ドラマも引き続き視聴したいと思います。

感謝をする人
吉澤さんが私は運が良い、周囲の人に恵まれてる、と言ったとか何とか。

吉澤さんは人に恵まれる運を持っているんじゃなくて
自身の周囲に感謝できる生き方が人を引き寄せるんです。
そういう気持ちを持てる人にまた良い人が集まり、
良い人に感謝することでまた一層良い世界が出来ていくのは良い循環ですよね。

いつからか吉澤さんはありがとう、という言葉をよく口にするようになった気がします。
リーダーになったくらいか、もっと前か。
また口にすることでも改めて自分で気がついたり、
気持ちが明るくなったりすると思うんですよ。
ありがとうはいくら言っても良いと私は思います。

彼女が引き寄せた流れを、テレビの前とかで頑張ってるなーとか
思うくらいしか出来ないんですけど。
感想とかももっともっとメールしたりしようと思います!

最近だとデジスタは個人的にもとても興味のある内容だし、
吉澤さんにとっても本当に有意義だと思うんです。
わおーん!の時然り、普段会わないような人と会って話を聞いたりすることが
吉澤さんには何度もプラスに働いているように思います。
MCや一人喋り、多くの中の一部になったり。
色々な表情を見せてくれるので本当に飽きないですね。

バースデーライブに関しては、まあすごく行きたかったといえばそうなんですけど、
吉澤さんが今とても充実しているのを遠くからでも感じるし、
悔しいとか悲しいとかいう気持ちにはならないです。
色んな人に祝ってもらって幸せ者な吉澤さんを見ていると私も幸せです。



そして。
まさかのキャスト、ハガネの女一巻を購入して読んでみたんですけど、
27シングルマザー・一番上は小4・職業はショーパブダンサー・息子がいじめられっこ
この特徴だけで予想した状況で大体合ってましたw


以下ネタバレ反転。






母は夜の仕事→朝起きられない→家事なども疎かになる→子供不潔でいじめられる
っていうのもはや!テンプレ!

吉澤さんの演じる海老田リカさんは若くてシングルマザーでショーパブダンサー。
子供はとてもかわいいと思っていますが経済的に厳しく、働かなければならない。
そして身の上で差別的な扱いを受けてきたり、虐待を疑われ児童相談所に密告をされたりした過去もあり、
学校に対して不信感を抱いています。
保護者の集まりの際に子供を悪く言われトラブルを起こしてしまったこともあります。

しかし、リカの息子広は母に自分がこれ以上負担をかけたくないといじめを隠し、
下の妹たちを頼もしく面倒を見ていました。
主人公の芳賀は広がいじめられている原因(服装等)を何とかすべく、
海老田家を訪問し、洗濯・掃除・料理の仕方等を教えていきます。
やがて少しずつ広の服装は改善しクラスにも打ち解けていきます。

当初は教師である芳賀を忌み嫌って関わろうとしなかったリカですが、
芳賀の境遇を聞いたり、芳賀から広の母への愛情を教えてもらううちに
少しずつ芳賀に心を開き始めます。

そしてクラスの問題児や他の親子、
モンスターペアレントについてのお話にシフトしていきます。

虐待とかそういう記述はないです。学校に積極的に文句を言うわけでもないです。
ていうか広が優しすぎて泣ける。
「家から帰ったらお母さんが寝てるときしあわせ」
「おかあさんにぼくのしあわせをぜんぶあげてください」

ひろしいいいいいいいいいい


全体に、子供っていうのはやっぱかけがえのない未来への宝物だと感じました。
お話もまあ好きです。
リカは見た目はもろお水でしたw

吉澤さん子供大好きだからなー楽しくお仕事してもらいたいです。
吉瀬さんもわたしめっちゃ好きなので!ドキドキしてます。
写植ミスでも今ならまだ許せますw
25回目の

おめでとうとありがとう。



吉澤ひとみさん、お誕生日おめでとうございます。
25歳の吉澤さんも健康に、充実した一年でありますように。
アラサーだと思うと時間の経過って早いなんてもんじゃないですね。

そして鈴木愛理さんもお誕生日おめでとうございます。
めきめき美人に大人っぽくなっていくあなたをこっそりと見守っています。


これはおたおめ絵。
左が愛理ちゃんで右が吉澤さんだよ!
衣装をとっかえっこしてみました。

コピー ~ img262

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。