スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
漫画について
こんにちは。
相変わらず吉澤さんのきゃわいさにやられてます。
吉澤さん毎日とても充実していますね。サッカーも見てますよ。
ベストギアの吉澤さんがかわいすぎてたまらん。
さゆブロで語られた様子が面白い。素敵!
青空~の吉澤さんはいっつも外れがないな。くぁーいー。


以下、これまでどんな風に漫画を読んできたかをつらつら書きます。
特に面白いことはないです。




まぁーご存知の方もいらっしゃるかとは思いますが私は漫画が大好きです。
絵が好きだし、物語も好きです。
なので必然でもあります。映像にしかない良さと、文章にしかない良さの良いところどりです。
コアなものを好むというわけでもないです。
基本的には集英社ものを愛読しております。

昔、月イチの楽しみにしていたのが『りぼん』でしたね。
その前は『なかよし』を買っていた気がするのですが、
近所の幼なじみが『なかよし』を買っていたので、
そこでタダで読めたので変えたんじゃないでしょうか。

こういう根性ですので、廃品回収が好きでした。
小学生の時には色々なジャンルの漫画雑誌を廃品から拾って読んでいました。
この辺りで水城さんのダイアモンドヘッドを知って後に再会したり、
天使のDNAという謎の漫画の記憶があったり、
当時からホラー系エロの洗礼を受けたりとか。
あとはよくわからないけどヤングほにゃらら系を読んでみたり。
エロい絵があったり。にしても当時からなかよしやらちゃおには
結構怪しげな描写がちょろりころりあったと思います。

小学生の頃に誤ってWJ系の同人誌を紹介する雑誌を読んでしまったのが
私の歪みに拍車をかけたような気もします。
しかし、それ以前からかなり歪んでいたことについては当時の記憶からわかります。


こんなりぼん期にはまっていたのはやはり
種村有菜さんの「神風怪盗ジャンヌ」ですかね。
変身もので自己投影して、妄想膨らませていたことを思い出します。
ジャンヌのように空を飛んで、身軽に闘ってみたかった。
とはいってもこの年齢でコミックスを買うのは無理でしたので
現在もジャンヌは所持しておりません。
でも今読み返してもなかなか楽しめると思います。たぶん。

りぼんから唯一後々購入しようと思い立って買ってしまったのは
槙ようこさんの「愛してるぜベイベ★★」。
この頃にはもう結構がっつり恋愛描写ありありでしたね。
ちょうどりぼんを卒業するくらいの時期です。
いつかというのは具体的に記憶はないのですが、
おそらくこの連載が終わる前には買わなくなったと思います。

りぼん辺りで記憶に深いイライラさせられた
吉住渉さんの「ランダム・ウォーク」。
新連載の煽り文覚えてますよ。「ユカちゃんの、とーっても素敵な恋物語」
いやーひどかったです。主人公がなんとなく付き合ったり
浮気相手になったり元彼とよりを戻したりするのですが、
どれもことごとく振られたりなんやかんやです。
最終的にいつも近くにいた幼なじみとくっつくみたいなね。
終始嫌な気分にさせられた漫画でした。

あと結局なんだったっけ?なのは
椎名あゆみさんの「ペンギンブラザーズ」
絵が個性的なのは藤井みほなさんの「GALS!!!」
なかなかどうしてエグかった。
藤井さんは「秘密の花園」で百合に目覚める前の私に
百合エンドを見せ付けてくれた過去がありますw
小花美穂さんの「こどものおもちゃ」「アンダンテ」「パートナー」
いずれも当時の自分が理解して受け止めるにはやや重難しかったのですが、
読み返すとまた深い。というか今読んでも面白い。


これらを過ぎたくらいで別マ、少コミ、別フレ、
チーズ、デザートあたりの作品を読み始めました。
「快感フレーズ」というえげつないタイトルに誘われて読み、
トラウマなシーンがたくさんありますwwwwマジでヒロインが
敵キャラにゆっくり蹂躙されがっつり貫通されてしまったりwwww
一気にエロレベルが上がりましたね。

みやうち沙矢さんの「あっかんべイビー」とか。
上田美和さんの「ピーチガール」とか。
すえのぶけいこさんの「ビタミン」「ライフ」、
ももち麗子さんの問題提起シリーズとか。
小4くらいでほとんど読んでたんじゃないのかしら。
あと、ジャンプを読み始めたのもこのあたりからです。

「ワンピース」も第一回から追っているし、
「BLERACH」「NARUTO」「HUNTER×HUNTER」「ヒカルの碁」
「いちご100%」も一回目から見ていた。
わたしはいちごよりりりむキッスが好き。
「るろうに剣心」も読んでた。薫が血みどろになっていたトラウマwww
漫画ってトラウマと隣りあわせです。
空知んたまが華々しくデビューを飾り、
2、3作読みきりを描いたらすぐに連載が始まったのも見ていた。
そう思うと今も続いてるのってすごいなと思います。


この頃はかなり年齢的にもアレだったので読むものも両極端でした。
中原アヤさんの「ラブコン」、
神尾葉子さんの「花より男子」などの王道漫画。
「ラブコン」は明るくて可愛いですよね。
やりとりを見ているだけで笑ってしまうので立ち読みが辛かったです。
「花男」は連載が長引かされる苦しみを感じてました。
でも色々なキャラクターの魅力が光ります。

その傍ら、「多重人格探偵サイコ」とか「なるたる」とか
「スカイハイ」などのダークグロ系も好む中学生特有のあの感じが来る。
「サイコ」なんかは逆に絵が綺麗な印象しかないですね。
あとはカニバリズムとかこの年齢でしか使用しないであろう用語とか。
「なるたる」はおそらく最初のセカイ系で、全巻持ってますのでたまに読み返します。
昔は意味不明だった部分も段々と読み返すうちにわかってきたり。
それでもよくわからなかった時にはインターネットで調べれば良いのです。

あとは「LOVE」はえぐいけど面白かったです。
実はラスト2、3巻が入手できなくていまだに読めてないんですけど。

ちょうどPCも手に入れて飼育を知って、
二次創作なんかも楽しんでいたのでそんなに
漫画にのめり込んではいなかったと思います。
飼育の好きな作品どうのって語っても多分ものすごい
一般的なものと吉受けで大体事足ります。
実はまだ読んでいない名作もあるんですが。
読んだらきっと好きになる。

高校から現在はそんなに変化ないと思います。
高校は漫画や創作から結構離れてました。多分。
おかしいなバイト三昧だったけどな。

現在はまあ結構普通のスイーツな漫画読んでます。
アンソロも一時期お得感だけで買っていたけど買わなくなりました。
あと年齢が上がるについて一冊あたりの単価が
高い漫画を買うことが増えた気もします。

現在漫画雑誌はウルトラジャンプ・別冊マーガレット・
コミック百合姫あたりは定期的に購入しています。
週刊少年ジャンプは頂けるので中古を頂いてます。
それ以外は立ち読みで何とか済ませてます。
現在は別フレ、別コミ、チーズ、デザート、kiss、
プリンセス、デラマ、SQあたりを立ち読みします。
りぼんとなかよしも久々に立ち読みしました。
百合漫画があると聞いて。なんかストパニでした。
最近は林家志弦さんの「はやて×ブレード」が一番面白いと思います。


印象深い漫画
・なるたる(鬼頭模宏) 6と10と12。まぁーエグい。
・放課後保健室(水城せとな) 設定が好みすぎる。全部がはっきりとしたとき、すごく頭がすっきりして、温かい気持ちになった。
・ONEPIECE(尾田栄一郎) 時々胸を抉られるような悲しみを見る。
・神風怪盗ジャンヌ(種村有菜) 絵がきれいだったな。当時はノストラダムスの大予言とかあって、「ジャンヌの最終回読むまでは死ねない」と思っていた。ラストのほうで完全にセクロスしてしまったという点でも印象的。
・SLAMDUNK(井上雄彦) 何回読み返しても同じテンションで楽しめる。  

笑った漫画
・はやて×ブレード(林家志弦) てんてーは天才だと思う。独特のセンス。いまだどんどん加速していくキャラクター。
・ラブ★コン(中原アヤ) 関西弁っていいなと思えた。
・そんなんじゃねえよ(和泉かねよし) この人はいろんなものを見て来ているんだと思う。人間の嫌らしさ、醜さ、美しさ、面白さが時々がっつり腹立つし、時々バカすぎて愛しい。
・SKETDANCE(篠原健太) ツボで仕方ない話もあったのです昔は。
・ギャグマンガ日和(増田こうすけ)&ピューと吹く!ジャガー(うすた京介)たまらん。

キモヲタ的に来るものがあった漫画
・魔人探偵脳噛ネウロ(松井優征) ネウロとヤコの関係性はニヤニヤせざるを得ない。 
・太臓もて王サーガ(大亜門) 矢射子の宏海への一途さと四天王のメガネが幼なじみに素直に好意を伝えられないけどバレバレなのがかわいかった。
・あかねSAL☆(なかはらももた) お前どう見ても吉澤さんじゃねえか!なミヤビちゃんの一途な恋愛が可愛かった。

泣かされた漫画
・君に届け
・ちはやふる
・SKETDANCE
・ONEPIECE

エトセトラ。
急に思い出せないけど諸々たくさんの漫画とともに生きてまいりました。



現在所持している漫画リスト挙げてみたけどそんなにない。

一時期もっとあったけどだいぶ売ったり諦めたりしてます。

一巻だけ所持している漫画
・ギャグマンガ日和(9巻のみ)
・東京アリス(4巻のみ)
・ひよ恋
・本屋の森のあかり
・ハガネの女(これは機会があれば揃えたい)

集めるのを断念した漫画
・SKETDANCE
・銀魂
・DEATHNOTE
・ストロボ・エッジ
・きのう何食べた?

新刊が出れば買う漫画
・ヤマトナデシコ七変化
・ひぐらしシリーズ
・うみねこシリーズ
・黒執事
・失恋ショコラティエ
・黒薔薇アリス
・好きっていいなよ。
・となりの怪物くん
・海月姫
・ちはやふる

連載もしっかり追っている漫画
・君に届け
・はやて×ブレード
・ONEPIECE

完結した漫画
・愛してるぜベイベ★★
・太臓もて王サーガ
・ダイアモンド・ヘッド
・放課後保健室
・窮鼠はチーズの夢を見るシリーズ
・魔人探偵脳噛ネウロ
・Pinkの遺伝子
・あかねSAL☆
・マリア様がみてる
・メンズ校
・そんなんじゃねえよ
・花より男子
・SLAMDUNK
・ラブ★コン

百合本
・青い花
・空色ガールフレンド
・ストロベリーシェイクSWEET
・Butterfly69
・ULTRASOAD(カテゴリー違うかな)
・かわいいあなた
他にもたくさん持っていたけど売ってしまった。

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

私は特に好きな漫画を挙げると少年漫画ばかりになってしまいますが、
少女漫画もずっと読んでます。
私も小学生の頃は「りぼん」派でした。
でも百々さんの挙げる作品名にジェネレーションギャップを感じますw
これが昭和生まれと平成生まれの差か・・・!

吉住渉は「ママレード・ボーイ」から「ミントな僕ら」まで読んでました。
矢沢あいは「天使なんかじゃない」と「ご近所物語」、
椎名あゆみは「あなたとスキャンダル」と「ベイビィ☆LOVE」、
小花美穂は「この手をはなさない」と「こどものおもちゃ」、
藤井みほなは「パッション・ガールズ」と「龍王魔法陣」でした。
りぼんを読まなくなってからも、小花美穂さんの作品は全部読んでます。
矢沢あいさんのも2003年くらいまでの作品は全部読んでました。
(「NANA」の途中で挫折しました)

この調子で長々と自分語りするわけにもいかないので、
最後に今1番面白いと思っている漫画をおすすめしておきます!
「宇宙兄弟」
気が向いたら是非読んでみて下さい。
Re:
なんとなく
「りぼん」=多数派、恋愛学園もの多い
「なかよし」=りぼんより対象年齢低め、元気なマセガキが好む、キャラもの要素強し
「ちゃお」=一番対象年齢が下、恋愛というよりはきらりちゃん的な主人公を真似する感じ
な感じのイメージです。

そうですね、私も挙げられた漫画に若干のギャップを感じていますw
矢沢あいでリアルタイムで読んでいたのは「下弦の月」でした。当時全く理解できませんでした。
「ご近所物語」はアニメでは見たことあります。
少女マンガの連載って長く続くものではないですからね。

宇宙兄弟ってあのアフロのやつですかね。
なんか藤田っぽいなと思って表紙はよく見ています。
色んな人に色々お勧めされて読むのって楽しいですよね!
ありがとうございます。
No title
「失恋ショコラティエ」読みましたよ。
ベタな物語なのに要所要所で一ひねりあるところが今風だなあと思いました。
最初いきなりフランスに行ったときは「どうなるんだこの漫画」とか
行き先をたいへん心配したものですがなるほど上手く話を進めるものですね。
ライバル店のオカマキャラとかも使い方が上手いなあと感心しましたよ。

なんかこの漫画について語ると私のブログ記事並に長くなりそうです。

この調子で長々と自分語りするわけにもいかないので
また機会があればどこかでがっつりと雑談しましょう。
Re: No title
お、読んでいただけましたか。ありがとうございます。
この作者さんの独特の空気と皮肉、そしてやはり目で見る美しさが好きです。
そして作品に安心感を感じるのですが、先が見えないストーリーでも作者さんは大筋をしっかり決めているので話が逸れる、無駄な伸びでだれる心配がないのがあるのかと思います。
すべての作品に対してそうなのかはちょっと知らないのですが。
この作者さんならばこのどうなるんだというストーリーもしっかりと終わらせてくれる、と思っています。
リクドーさんはおいしいキャラですね。何より主人公が全てを巻き込んでショコラに昇華していくさまは快感です。

HELLSINGも少々なのですが読みました。
SSの世界観に似たものを感じて、なるほどこういうものがあの作品へとつながっているのかと感じました。

こちらのコメント欄ご自由にお使いいただいて結構ですよ!
もちろん機会があればお話もしたいですね。
No title
「となりの怪物くん」読みました。
すごい面白かったです。
なんとなく「君に届け」に近いものを感じました。
どっちの作品も、キャラにあんまりリアリティがないくせに
ストーリーにはすごい引き込まれてしまうのが不思議です。

「となりの怪物くん」も脇役が魅力的ですね。
主役を食ってるところがあるんじゃないかと思います。
それにしてもこれ本当に面白いですね。
本編よりもおまけの四コマ漫画の方が面白いやとか言ったら怒られるでしょうか。
Re: No title
怪物くんは君届の流れに乗った感はありますね。その中でも成功したものは数少ないですが。
現在完全にヒーローポジションである春はヤマケンくんにおいしいとこも人気も奪われてますねw
>おまけの四コマ
確かにwwwおまけの面白さこそ、その漫画家のセンスの表れだと思います。
カラー絵のあとの余白、カバーをめくった時の表紙のおまけにわくわくできる漫画にはサービス精神を感じます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。