スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亀井さん、李純さん、銭琳さん、ご卒業おめでとうございます。

映像見る限り、なんだかとても素敵な卒業式だと思いました。
見送るメンバーは唐突な別れが決まると、「ああすればよかった」「こうしなきゃよかった」と
後悔がたくさん募るものだと思うんですよ。
実際、メンバーの言葉にはつらく当たってごめんとか、もっと私がやるべきだったとか、
そういう言葉が多い印象でした。

そんなメンバーたちの言葉に「そんなことないよ」と首を振り、笑いかけて、
涙を拭ってあげて、肩や手に触れて。

ジュンジュンの「やさしくしてくれたことしか覚えてないよ」なんて。
思ってたって思ってなくたってなかなか言い出せない言葉。
ジュンジュンだから言える言葉です。ああジュンジュンだーって。

リンリンはずっと笑顔で。きっといつも笑顔で。だからリンリンが心配で、
だからこそリンリンの笑顔が大好きでした。
いつでもリンリンは笑って私たちに素敵な言葉をくれる。

亀井はいろんな気持ちがこみ上げていて、だけど自分以上に相手のことをよく見ていて。
高橋さんはどんなにか自分の不器用さに歯痒い思いをしてきたのか。
田中さん、亀井の卒業がどんなにショックだったか。
さゆの言葉にならない気持ちがあふれる瞬間。
亀井さんがどんな人だったかは相手を見ると一番わかりますね。

彼女たちがどんなに愛されていたのか。
もともとやさしい3人でしたけど、すごく大きな姿に見えました。
卒業という機会は人を本当に大きく成長させるんですね。

ソロ曲を歌う三人はまた、とても綺麗で。
広いステージで存分にパフォーマンスを見せつけて、きっと素晴らしい時間だったんでしょう。
完全燃焼しました、と。まさにそのようなコンサートだったんだろうなと。
卒業はさびしいけど、彼女たちはまた一回り成長しました。
もしまた会えたら、きっとすごく綺麗で素敵な人になっているんだろうな。


そういえば、卒業のタイミングで飼育で企画がありましたが結構面白い作品が集まってて、
久々に感想を書きたい気分です。

ついでに森板で二年前位に掲載していた
「いつかどこかでだれかが」の続編が完成したので更新しました。
こちらです。
良ければ楽しんでください。
吉澤さんと愛理ちゃんの終わりのお話です。


以下ねたばれ。





別れるのを前提に書いた話だったし「別れ」ってのをちゃんと書いてみたかったんです。
どんな恋人にも夫婦にも当たり前にある可能性ですし、
この二人の場合は期限が決まっていたし。
どんなふうに大切な存在で、どんなふうに年月を経て絆が深まって、
離れがたくても離れなければならない時ってどんな感じなんだろうって。
ちゃんと終わらせられたかなと不安です。

本当はもっと普遍的な別れのほうがいいなぁと思ったんですけど、まだ難しいです。若造なもので。
相手が嫌になって別れるとかも書いてみたいです。振られたほうの憎悪とか。


相手のことを大切だからこそ、別れなければならなくて。
寂しくてもいっぱい我慢して、時間にさからったりせずに、未来に相手の幸せの可能性を願う。
それくらい好きな人が出来たらすごいですよね。
この話の二人はそんな人に出会えて、だからこそすごくつらいけど、やっぱさよなら。
幸せを願う気持ちもきっと嘘じゃないって信じたい気持ちで、今はまだ悲しいけど。


うーんまとまらない。
ひと時でも楽しんでいただけたら幸いです。
楽しめなかった方もお時間取っていただいてありがとうございます。
カプ嫌いで馬鹿にするためにわざわざ読むような方もそんな労力わざわざありがとうございます。
すぐそういう描写があればCP小説ってひとくくりにされるけど、
じゃあそうじゃないものは「CPじゃない小説」でひとくくりにしてもいいのかよ。
って三日くらい前に思ったので書いておきます。
そうやったらCP小説でひとくくりにされる不快感わかるかなと。
一周回って開き直ったのでCP小説だっていろいろあるだろうとゆいたいです。
痛いのも悲しいのも笑えるのも甘ったるいのも
さわやかなのもエロいのも全部ひとくくりってのはやっぱ、なしよ。ね?
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。