スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんたる失態
うわああああああボーっとしてたらトリムカップ録画忘れてました…
おもいっきりDON録れねえー見られねーってがっかりしていて
目先の幸せを忘れるなんてリアル何たる失態ですか。
しかもめっちゃかわいいじゃないですか。めっちゃかわいいじゃないですか。
本当になんかもう早速なんちゃらしました。


やー。
吉澤さんのお誕生日お電話エピソードが微笑ましいです。
最近はいつも歯痒さは感じます。いろいろな場面で。
でも吉澤さんはいつまでも愛してるんだと感じさせられます。
それはそうですね。私もきっとそうです。


MJ見ました。
のっちさん…どうしたんですかその前髪…
あーさんは素の声で喋ってるほうがとっつきやすいですね。
かしのさん空気。

というか玉木フィンガー美しすぎです。

ちなみに渡り廊下は公式で見てまゆゆ、
ブログでなっちゃんが可愛いと思ったのですが、
なんかみんな可愛いですね。
ぶっちゃけまゆゆとセンター分けの
ちょっとさぁやっぽい子しか見分けつかなかったんですけど。
あー、まゆゆのブログ見なきゃ良かったと思いました。
終始VIPテイストなブログはどうも。オメガ見ただけで若干いらっとします。


で。で。
℃が来ましたよ。お待ちかねですよ。
おお、コメントVの岡井ちゃん前の真ん中!かわいいいいいい!
梅さん足なげええええええ!舞美歌えてない!
愛理の声がよく響く感じが新鮮でした。
とにかく梅さんの足が長かったことが一番印象的です。
しかしマイマイと岡井ちゃんのマイクも入れてあげてよ。
ついでに梅さんとなかさきのも入れていいじゃないですか。


クイズショウ。
かなりMADな雰囲気が癖になります。
イニシアチブ俺のセンスが先生すぎてびっくりしました。
今までで一番よこちょが好きになって悔しいw
まやさん苦労人…

松浦あややさんかわいすぎる。かわいすぎる。
なんだかんだこういう時にちゃんとかわいいあなたが大好きです。

話自体はなんというか、初回から飛ばしてるなと。
確か特番からレギュラーになったんですよね。
そんな感じで、好き嫌いは分かれそうな感じはします。
ずっとこういう感じだと毎週見るの疲れそうですし
かみやまくんの中の人のテンションとかが心配ですが、でも見ますよ。
だって私は松浦さんが好きで、ついでにイケメンも美女も好きですから。

ドラマで言えば、阿部さんてだけで録画予約していた
白い春を今日見たんですが今期一番のヒットかもしれません。
冒頭5分で涙目になるドラマなんてなかなか出会えません。

名探偵の掟のグッズグズぶりにも笑いました。東野ーって雰囲気あります。



そういえば、探し物があってうろちょろしていたらこんなスレ見つけました。
DDでメンバーを語るスレ、吉澤さんの回。
こんなんあったんだ。全然覚えてないです。
今そんなのありますよね。まだやってるのかな。


長くなったので隠しました。



ついでに更新情報。
アナログにネウヤコイラストとか漫画とか9枚追加。
連載最終回記念です。
おそらく最終回ネタバレはないです。見ないで描いたので。

いやー本当にジャンプでなんかちゃんと連載の流れで
最終回を迎えた漫画を久々に見た気がします。





これは2005年、娘。のリーダーになって、色じれのリリース前くらいですかね。
確かになんか怒涛の時期だったので記憶はあんまないです。
終盤は殆ど荒れてるだけですが、意外とちゃんと語られていました。


この当時書かれていたことは現在のイメージからは違って見えたり、
逆に今もありありと想像できたり、昔のことを思い返して書けたこと、
当時の吉澤さんが蘇ってきて懐かしくなりました。
この当時と今では評価の違う人もいるでしょう。
それはどのメンバーでも考えられることです。

当時、リーダーてものにはまだまだ不安でした。
いきなりリーダーになって混乱を抑える役目を受け、謝罪し、
抜けた人の歌をカバーして、雰囲気を作り、笑って石川さんを送り出す。
その時のメンバー、スタッフの団結はすごかったでしょう。
それを持ち続けていられるかどうか?の時期だと思います。

でも道重さんが小春に「吉澤さんがフォローしてくれるから」と。
そんな言葉が出るくらいにいつの間にか変わっていました。
すでに当時このスレが立った時点で
黄金期直後からのヲタには想像できない未来がそこにありました。


このスレでよく書かれていたことは「ヲタでも結局よくわからん人」。
実際そうなんですよね。
一言で表すとしたら「よくわからない人」
「一言で表せない人」に最終的に行き着く気がしますもん。

本当に見せてくれないからこそ飽きない人。
見せてくれないことで入れない人も多そうです。


不思議な人で、最近わおーん!を見返していたんですが、
カエラさんがおっしゃっていたように
本当になんでこの人ここにいるんだろう?ってオーラが
一時期はハンパじゃなかったですね。
彼女自身も常に向き合っていたことでもあります。

受け入れるようで受け入れず、絶対に見せず。
乖離と、自意識と、社会と。
溶け込まない意識がいつか光を見つけた時、
彼女は本当の輝きを手に入れました。


でも光を掴んだのは光に手を伸ばしたからなんです。
これ前にも言った気がしますが。
彼女自身がちゃんとここから抜け出す意識を持った上での幸運と必然の重なり。
運も実力のうちならば、実力で彼女は這い上がってきたのです。


立ち直る機会がどこにあろうと自由です。友人。そして、フットサル。
たかが玉蹴りってやってこなかったから道が拓けたんです。
フットサルだけでなく、思わぬタイミングで舞い込んできた役職も。
自分の中で、新しく拓いたでしょう。

拓けた道があって、それまでの道がよく見えた。
それまでの道にあったものは色形音も様々で、
だんだんと見るのを怖くなって俯いてしまっていた自分に気がついた。
知らずに通り過ぎていたものはその時よりずっとキラキラして見えた。

彼女の発するありがとうは、きっとこの時からさらに増えたように思います。
そしてこれからの道がどうなっていくのかわくわくしていて欲しい。
と、思います。


よくわからない人。
でも、だからこそ魅力的な人だと思います。
決してからっぽなんかじゃない。
見えないことは、ないことではない。

未来なんて少しのきっかけで変わります。
また数年後こうやって吉澤さんを思い返した時に
すごい、こんなん想像つかなかった!と言わせて欲しいです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。